マウスの新調

職場で使っていたマウスが反応しなくなったので、新しいものに買い換えた。

これまで使っていたマウスLogicool M705tには満足していたので同じものを購入するつもりにしていたが、より新しいモデルが出ているということで、せっかくなので新しい方を購入した。

しかし、スペックなどをしっかり確認していなかったこともあり「全然違うやん!」と感じた。

✖:軽量化されている

サイズ感はほとんで変わっていないが、200g → 136g と大幅に軽量化されている。
軽い方が手首への負担も少ないのだろうが、慣れ親しんだ重さでないというのは、微妙に思い通りの場所にポインターを持っていくことができず、なかなかのストレスだということが分かった。

✖:滑りが悪い(ように感じる)

底面のM705mの机と接触する場所はザラザラしていて、何かひっかかっているように感じてしまう。もしかすると、M705tも最初はザラザラしていたのかもしれないが、今となっては何一つ覚えていないので、購入時の比較としては問題があったりする。

とはいえ、この辺は使っていくうちに慣れていくものだとは思う。
そしてもちろん(強いて言えば)グッドポイントもある。

〇:アプリケーションボタンの廃止

親指位置にセットされていたアプリケーションボタンが廃止になった。基本的には「ALT + Tab」でアプリケーションの切り替えを行っているので、操作ミスを防ぐためにも良い決断だと思う。キーボードショートカットを使わない、マウスだけで操作をまとめたい人には不満が残るかもしれないが。

〇:トラッキング精度の向上

これは本当に「強いて言えば」のポイント。センサーがレーザー方式からアドバンスオプティカル方式に変わったことで、トラッキング精度が高まっているとのこと。とはいえ、M705tでも全然困っていなかったので、正直よくわからない。ただ、センサー部分が埃の入りにくい、掃除のしやすい形になったのは地味に便利だとおもう。

Amazon買ったので、手元に届くまでマウスの重さや材質などの変更に気づけなかったが、ヨドバシカメラなどに行けば、いろいろ触って確かめることが可能なので、色んなマウスをさわってしっくり来るものを選びたい。数年は使い続けるものですから。

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016.09.14

    ベビー充

CALENDER

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031