「ハマるしかけ」よんだ

「ハマるしかけ」読了。

「あぁ、私がやってた選挙の仕事というのは、つまるところ候補者のグロースハックやったんやな」と、いろいろ当時のことを思い出して感慨深かった。関係ないようでも繋がってたぞ、と。

  1. Trigger
  2. Action
  3. Reward
  4. Investment

Hookedモデルというのは、上記の4つのStepをどんどんまわしていくことで、サービスの利用を「習慣化」させる仕組みのことで、本書はいかに自分(自社)が開発するプロダクトをユーザーに継続利用してもらうかの手法について書かれている。

で、”プロダクト=政治家”、”ユーザー=市民”、”利用=当選”って考えたら、「あっ、これもうホンマ選挙のアレやん…」というわけで激しいどっかで見た感。当時この本あったら、感覚じゃなくてもうちょいまともなロジック作って運用できたかもしれない。

というわけで「ハマるしかけ」はWEBサービスの開発者だけでなく、選挙クラスタのみなさまにもオススメの本でしたよ、と。

※もうすぐ統一地方選挙。

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

CALENDER

2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930